白い下着の女性

風俗遊びで磨かれる男の器量

鳥の羽

現代の風俗遊びは、さしずめ江戸の昔でいう、吉原の女郎屋通いということになるのでしょうか。当時の情景を物語る古典落語などをたまに聞くことがありますが、なんでも女郎遊びで、江戸の男も一人前になっていったとか。これ、現代にも通じるところがおおいになると感じます。同じ夜遊びでも、キャバクラ遊びのペラペラした薄っぺらい感じとは、明確な違いが風俗遊びにはあると思います。
もちろん使うお金の多寡の問題もありますが、やはり肌を合わせて(擬似的とは言え)男女の関係になるということに、違う重みがあると思うのです。実際、一定の時間を、個室で2人きりになり、あんなことやこんなことまで致しちゃうわけで、その濃密な時間をお互いがより楽しむために、女性に対して行なう、語りかけ、気遣い、などは、普段の日常生活ではなかなか意識できないものばかりです。
風俗遊びを通じて、知らず知らずのうちに、男の器量が磨かれていく、そんな感じでしょうか。遊びなれた男の漂わす、大人の余裕。江戸の昔に、吉原が男の裏の学校のような存在だったように、現代に暮らす我々も、風俗遊びによって、単に快楽を貪るだけでなく、男の大人力を上げているとしたら、風俗プレイの魅力もまたいっそう素敵なものに思えてきませんか。

pick up

風俗遊びで磨かれる男の器量

鳥の羽

現代の風俗遊びは、さしずめ江戸の昔でいう、吉原の女郎屋通いということになるのでしょうか。当時の情景を物語る古典落語などをたまに聞く…

read...

風俗利用時のチップの必要性

夕焼け

好景気な頃ではチップを用意する利用者も多かったようですが、最近はチップを用意する利用者は減少の一途を辿っているようで、チップの存在…

read...