白い下着の女性

風俗利用時のチップの必要性

夕焼け

好景気な頃ではチップを用意する利用者も多かったようですが、最近はチップを用意する利用者は減少の一途を辿っているようで、チップの存在そのものがもはや珍しいものとなっているようです。心付けや祝儀という意味を含むものがチップなので、まさにその人次第で出すのも出さないのも自由ですし、特にチップを出すかどうかということで悩んでいたり、チップを出すほどの余裕がないという状況ならば、無理に用意する必要はないものです。
女性の収入部分に少し切り込みますが、指名料やオプション料といった所は店と折半というわけではなく女性の懐にそのまま入るものとなっているので、チップを用意しようか悩むぐらいならチップで用意しようとしていたお金でオプションを一つ増やすとか、指名料を惜しむことなく出して好みの子を指名すれば働く女性への大きなプラスとなっていきますし、チップと同等の心付けともなるはずです。
経済的な余裕もあってチップを用意することがまったくの痛手でもなく、チップを出すことで気持ちが安らいだり、落ち着くというのであれば利用者側の気持ちの問題が大きくなるので、チップの必要性は高まるはずです。ただ、店が公平性などの観点からチップを禁止していたり、禁止事項に明記していなくても女性達にはチップを受け取るなと通達していて女性も受け取れない事情があるといったこともあるので、そこは臨機応変に対応しましょう。

pick up

風俗遊びで磨かれる男の器量

鳥の羽

現代の風俗遊びは、さしずめ江戸の昔でいう、吉原の女郎屋通いということになるのでしょうか。当時の情景を物語る古典落語などをたまに聞く…

read...

風俗利用時のチップの必要性

夕焼け

好景気な頃ではチップを用意する利用者も多かったようですが、最近はチップを用意する利用者は減少の一途を辿っているようで、チップの存在…

read...